ちょっと語感いいのがウケるww『ドラえもん 迷言』執事が明かした国王の名前に視聴者爆笑

2020年11月14日に放送されたアニメ「ドラえもん」。2本目のエピソード「野比家でおもて梨」では、あるきっかけでアカン王国の国王が野比家にやってくる。そんな中、国王を紹介する執事のセリフに爆笑の渦が巻き起こっているよう。

アカン国王の執事
「イヤン・バカン・ソレハアカン24世様であらせあります」

ある日のび太は“食べさせた相手が盛大にもてなしてくれる”ひみつ道具「おもて梨」を高級車にぶつけてしまう。実はその車には国賓として来日していたアカン王国の国王が乗っていた。国王は車を降りて「おもて梨」を拾うのだが、なんとその梨は慌てて駆け寄ってきたのび太の口へ…。

ひみつ道具の効果で国王をもてなすことにしたのび太は、彼を自宅に招く。すると一緒にやってきた執事が国王の名前を紹介してくれたのだが、視聴者はざわつくことに。

なぜなら執事の口から聞かされたのは「イヤン・バカン・ソレハアカン24世様であらせあります」という言葉。あまりにも予想斜め上すぎる名前に「え、なんて…?」「どちらかというと『クレヨンしんちゃん』に出てくるべきキャラでは」「ちょっと語感いいのがウケるww」とツッコミが相次いだ。

困惑したのは視聴者だけでなく、紹介を受けたドラえもんも汗を流すほど。日本人にとっては中々笑いのツボを刺激される一言だった。

(文=ターバン美津子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

新着記事

コミックシーモアの大人気恋愛漫画『ももいろ あんずいろ さくらいろ』がドラマ化決定!大学生男女4人の四角関係を描いた作品なのですが、私の注目キャラは主人公の親友・根岸有香です。モテかわルックスながらしたたかな彼女は、悪女だけどどこか憎め
スネ夫に抱く印象は、人によってはかなり悪いかもしれない。親のスネをかじりジャイアンの威を借り、スネ夫の活躍はアニメ本編でもあまり見かけないはず。しかしスネ夫にも名言や、輝いたシーンが存在する。今回はそんなスネ夫のエピソードをご紹介していこう