異世界に転生させてあげるから今すぐ死になさいっ!【第1話】

@miminari_zzz

「……ッざけんな!!」

郵便受けに入っていた封筒を開けるや否や微塵になるまで破って紙吹雪の如くばら撒く。ゴミはゴミ箱へ? ゴミ箱は3ヶ月も前からいっぱいになってんだよ。なめんな。
足の踏み場もない床の僅かな空白を紙片が埋めていく。潰れてしまえばいい、こんな会社は。

「ン!?」

服に張り付いた紙片に何やら数字が書いてある。ああ、見なくても分かってる分かってる。今自分がいくら借金してるかなんて、分かってる。

「150万の借金がなんぼのもんじゃい!!」
ドサーッ! 横になる。横になるといっても、布団なんてないのだが。横になってすることも、まあ、ネトゲしかないのだが。

ボッサボサの髪の毛が口の中に入ってきてそのあまりの臭気にえづく。

「おっ、オエエッ……くっっっせえ〜!! 誰だよこんなくせえ髪生やしてるやつ!!」

ひらめいた。

「『ワイ、自分の髪の臭さに髪生えるwww』これは伸びる!」

カタカタカタ、と掲示板にスレッドを立てる。

見事に流れる。流れるというか、滑っていった。

誰からも見向きもされず、滑っていきやがった。

「ふ、フフフ。まあ人生ってそんなもんですわ。さて、久々にシャワー浴びるかな」

ほっ、ほっ、ほっ。

物があふれかえっているから、部屋の中を移動するのにもひと苦労。うっかりフィギュアなんて踏もうものなら流血沙汰だ。ま、ちょっとした筋トレだ、これは。

「フンフンフ〜ン」

否応なく鏡に俺の体が映る。小さく悲鳴を上げた。

「俺ってば、いつの間にこんな太っちゃったわけ……?」

自分の体ながら、醜悪そのものである。この部屋内籠(へやないこもる)、齢28にして既に栄養失調寸前でありながら肥満体。死相が出ているようにも見えるし、死兆星は何度も見つけている。

「……さっ、シャワーだシャワー」

見ない方がいい、こんなものは。

ユニットバスに蔓延った黒カビや、いくつもの空になったシャンプーやボディソープのボトルたちを白い湯気がかき消していく。鏡も曇って、醜い自分の姿はかき消えていった。

おっ?待てよ……俺ってば足だけは細いんじゃね?

この足の細さと髪の長さを利用して女装するのもアリだな。それでユーチューバーになって稼ぐの。天才でしょこれ。

「ブ……ブンブンハローユーチューッブ!! わはははは!!」

ああ、死にたい。

死にたい。

死にたい。

……なんせ今の世じゃ、死んだら異世界に転生させてくれるらしいじゃん? 俺そんなアニメとかネット小説観たことあるし。そんで現実世界の知識を使ったりして無双すんの。いや、転生した時点でチートってのもアリだな。

脂ぎった髪はどれだけシャンプーを馴染ませても泡が立つことはなかった。申し訳程度に体を洗うといつ使ったとも知れないバスタオルでガシガシ水気をふき取る。俺は思った。ただただ思った。

いつまで続くんだろうか、こんな生活。

大学受験に失敗し、両親の反対を「都会の良い予備校に通うんだ!」と断ち切ってここへ住み始めた。それからというもの、右肩下がりに転落するばかりだった。予備校にすらまともに通うことなく、両親の仕送りのほぼ全てを入金のあったその日のうちにパチスロでスり、家賃や光熱費の類は1ヶ月遅れがデフォとなった。

 

 

●文:モロハナオヨビ
自衛官などを経て執筆活動を始め、今は透明な猫を飼っています。
好きな食べ物は山芋。
Twitter→@258us

 

●絵:ミミナリミミ
【Too lovely to die(死ぬには可愛すぎる)】をテーマに病める時も健やかなる時も可愛い女の子を描いています。フリルとタバコが好きです。
Twitter→@miminari_zzz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

>