デクの言葉で安心できた!『ヒロアカ 名言』デクが死柄木に放ったヒーロー度満点な台詞

2020年9月7日発売の『週刊少年ジャンプ』40号に掲載された、『僕のヒーローアカデミア』第283話。死柄木弔と激しい戦闘を繰り広げる中、デクが放った一言が読者の心を震わせたようだ。

デク
「空(ここ)で おまえを止める 僕の出来る全てをかけて」

死柄木の強大な力を前に、破滅の危機を迎えるヒーローたち。担任である相澤も負傷してしまい、デクは不利な状況に追い込まれる。

相澤の手当てをしながらロックロックはデクに「逃げろ」と指示。しかしデクは「嫌です」と言い、闘志をむき出しにした目で死柄木を睨みつけていた。

死柄木がデクたちにとどめを刺そうとした瞬間、彼の様子が一変。肉体の限界を超えて動いた負荷によって、死柄木の腕は裂けてしまう。それでも死柄木は「超回復」で己の肉体を維持し、デクたちへの攻撃をやめようとしない。

だが死柄木が攻撃しようとした先にデクの姿はなかった。

デクは新たな技「ワン・フォー・オール 七代目(セブンス) 浮遊」を発動し、空高く跳躍。拳を握りしめ「空(ここ)で おまえを止める 僕の出来る全てをかけて」と言い放つ。

熱いバトル展開に読者からは、「相澤先生がやられて絶望的だったけど、デクの言葉で安心できた!」「自分の身を賭して敵に挑む勇気がかっこよすぎる」と興奮の声が相次いだ。

どんどんヒーローとしてたくましさを増すデク。次回以降も成長が感じられる名言に期待しよう。

(文=ターバン美津子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

>