ナミも思わず「アニキー!!」と叫ぶほど!?『ワンピ名言』ピンチに駆けつけたフランキーの台詞に胸キュン

2020年8月24日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』38号。同誌に掲載された『ONE PIECE』988話では、ナミのピンチに颯爽と現れたフランキーの一言がかっこよすぎると話題になっている。

フランキー
「おっと何かひいちまったぜ!! まあいい 花をひいてなきゃ」

前号でルフィが「“全面戦争”だ!!!」と宣言した通り、激しい戦いを繰り広げる麦わらの一味。そんな中ゼウスを抱えて走っていたナミが、ビッグ・マムに見つかってしまう。

本来ゼウスはビッグ・マムの魂を分けて作られたホーミーズ。ビッグ・マムは「この“泥棒ネコ”が」と怒りをあらわに、ナミからゼウスを取り上げる。さらにゼウスへ「手ェ抜いたら消すよ」と言い、ナミを殺すように指示した。

ゼウスもビッグ・マムの命令には逆らえず、「ごめんナミー!!死んで!!」と雷を発生させてナミは絶体絶命のピンチに。

その時ビッグ・マムの顔に乗り上げるようにしてバイクが登場。

「おっと何かひいちまったぜ!!」とバイクを止め、現れたのはフランキーだった。

笑顔で「まあいい 花をひいてなきゃ」と続けるフランキーにナミも安心したようで、「アニキー!!」と叫んで号泣。読者からも「キザなセリフもアニキが言うと嫌じゃない!」「ナミを助けてかっこいいセリフをキメるフランキーに惚れそう」と好評の声が相次いだ。

次号の戦いでも思わずときめく一言に期待しよう。

(文=ターバン美津子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

>