玉木宏がコワモテの極道を熱演!? 人気マンガ『極主夫道』のドラマ化にファン大興奮

(C)おおのこうすけ/新潮社

「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」で2位を獲得し、“面白すぎる”と話題を集めたコミック『極主夫道』がドラマ化。2020年の10月から放送がスタートします。主人公・龍には俳優の玉木宏が抜擢され、ネット上では「極道風の玉木宏とか… 絶対カッコいいじゃん!」「早く玉木さんの主夫姿を見てみたい」など歓喜の声が上がりました。

(C)YUSUKE OKA

裏社会に数々の伝説を残した“不死身の龍”が極道の道から足を洗い、“専業主夫”として生きる姿を描いた同作。恐ろしい龍のルックスと高い主夫力の“ギャップ”が多くのファンを獲得したようです。主演を務める玉木さんは、「龍と周囲のアンバランスが大事なドラマだと思うので、龍なりの真面目さを大切に、まっすぐアプローチしたい」とコメント。コワモテだけど可愛らしい“最強の専業主夫”が送る物語をお見逃しなく。

読売テレビ・日本テレビ系「極主夫道」公式サイト

(文=ベジナハモッチ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

新着記事

オンラインイベント「昭和元禄落語心中寄席」の開催が決定。作者・雲田はるこ先生イチオシの落語家たちが出演するほか、アニメで有楽亭与太郎を演じた関智一さんも登場します。関さん自身アニメが終わった後も落語を続けているようで(多才ですね!?)、