実力で選ぶ? それとも魔法?「電撃文庫」作品の“最強ヒーロー”は誰だ!

数々の名作ライトノベルを世に送り出している電撃文庫。アニメ化された3作をめぐる「最強は、俺だ」キャンペーンをアニプレックスと展開し、ラノベファンから大きな注目を集めることになった。

対象のアニメは「魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~」「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」「魔法科高校の劣等生 来訪者編」。各作品の主人公を演じる声優陣も“最強だと思う理由”を語っており、「ソードアート~」のキリト役・松岡禎丞は「自分が犠牲になっても、どんなに痛くても、一人の人間のために頑張れる。ここが一番最強なとこだと僕は思います」とコメントしている。

キャンペーンを機にネット上では“電撃文庫の最強ヒーロー”が話題になり、ファンからは「『魔王学院』のアノスじゃない? 殺しても死なないキャラなんだから」「分解と再生魔法が得意な『魔法科高校』の司波達也でしょ」「キャラクターの内面を掘り下げた松岡さんのコメントが刺さったので、キリトに1票!」と三者三様の反応が。またキャンペーンの対象外作品からは、「“最強”って聞くと、『とある魔術の禁書目録』の圧倒的格上キラー・上条当麻がパっと思い浮かぶ」という反応も見られた。

どのキャラクターが“最強”の名に相応しいか、その目で各作品をチェックしてみては?


<ソードアート・オンライン アリシゼーション ぬーどるストッパーフィギュア>

(文=ザ・山下グレート)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

>