サザエさんはフネと血が繋がっていない!? 国民的家族に隠された意外な設定とは

平和な家族の日常を描いた国民的アニメ「サザエさん」だが、実はその家族関係には闇深い考察があることをご存じだろうか? その考察とは“サザエさんは波平と前妻の子ども”というものだ。

公式では明らかにされていないものの、サザエさん一家の血液型には様々な噂が囁かれている。そのひとつが、「フネがA型、波平がO型なのに対しサザエの血液型はB型」というものだ。普通に考えればB型が生まれることはないだけに、この説を知った人たちから「サザエさんは一体誰の子なんだ?」という声が上がっていた。

そんな中、サザエさんの本当の親候補として噂されるのが“海原潮”という人物。名前を聞いてもどんなキャラかピンとこない人が多いと思うが、どうやら彼女はサザエを産んで間もなく事故か病気で亡くなっているよう。原作のプロットにはフネと波平が潮の墓参りをするシーンが存在している。

ちなみにサザエの弟であるカツオの血液型もB型。一見ほのぼのとしたサザエさん一家だが、実は複雑な家庭事情を乗り越えて深い絆を育んでいるのかもしれない…。

(文=ザ・山下グレート)

コメント一覧

1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

>