「真っ先に吹き替え版を選んだのは初めて」 映画「ドクター・ドリトル」の豪華すぎる声優陣に観客騒然!

2020年6月19日より公開がスタートしたハリウッド映画「ドクター・ドリトル」。エンタメ感満載の内容もさることながら、観客からは“日本語吹き替え版”に対して「声優が豪華すぎませんか!?」「主人公の声を聞いた瞬間泣きそうになった」と絶賛の声が巻き起こっている。

同作は動物と会話ができる名医ジョン・ドリトルを主人公にしたアドベンチャー大作。ドリトル役は映画「アイアンマン」などでおなじみのロバート・ダウニーJr.が務め、今年4月に亡くなった藤原啓治さんが吹き替えを担当していることでも大きな注目を集めていた。

藤原さん以外にも吹き替えキャストには、大塚芳忠や大塚明夫といったベテラン声優が登板。さらに数多く登場する動物たちの声には、小野大輔・中村悠一・斉藤壮馬・花澤香菜といった人気声優の名前がずらりと並んだ。

声優以外にも女優の石田ゆり子やお笑いコンビ・霜降り明星が起用されており、ネット上には「海外作品で真っ先に吹き替え版を選んだのは初めてだわ」「大好きな藤原さんの声を聞けただけで大満足です」「登場するキャラのほとんどが聞き覚えのある声だったからマジでビビった」などの反応が溢れかえっている。

字幕版で同作を楽しんだ人も、“声目当て”に吹き替え版を鑑賞してみては?


<ファーリアル ロッカトゥ ショーバード しゃべる ぬいぐるみ 電動 ロボット>

(文=ザ・山下グレート)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

>