『約束のネバーランド』も仲間入り!“海外で実写化”が相次ぐ日本の人気マンガ

2020年6月15日発売の『週刊少年ジャンプ』28号で完結を迎えた人気マンガ『約束のネバーランド』。実写映画化に続いて“海外ドラマプロジェクト”の始動が発表されており、まだまだファンの興味は尽きそうにない。

公開された情報によると、制作には“ハリウッドの英傑”が集結。監督はアニメ映画「スパイダーマン:スパイダーバース」を手がけたロドニー・ロスマンが務め、プロデューサーには俳優としても活躍するマシ・オカを迎えている。キャストなどの詳細は明かされていないものの、ネット上では「ハリウッドなら作品の雰囲気がしっかり表現できるね!」「世界的な人気が出ている証拠。改変もないんじゃないかな」と期待する声が多い。

『約束のネバーランド』に限らず、近年は“海外で実写化”が決定した作品が相次いでいる。例えば『ONE PIECE』は「Netflix」にて1シーズン・10話が配信予定。また『進撃の巨人』や『ワンパンマン』のハリウッド実写映画化も発表されており、ファンからは「ハリウッドならお金を贅沢に使ってすごい映像を見せてくれそう」「日本では撮影の制約が多いから、アクションメインの作品は海外で作った方がいいよね」といった反応が寄せられている。

日本のマンガがどのように生まれ変わるのか、実写版の完成を楽しみに待とう。

(文=ザ・山下グレート)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

>