「えええ… 何このセンス」 西山宏太朗が手がける“ワロリンヌ島”の半端ないクオリティー

今、人気爆発中のNintendo Switchソフト「あつまれ どうぶつの森」(以下:あつ森)。YouTube上でも「あつ森」のゲーム実況動画を度々見かけるが、中でも声優・西山宏太朗のやり込み具合が半端ない。そのクオリティーにファンはもちろん、同じ声優仲間たちも度肝を抜かれているらしい…。

話題の渦中にあるのは、西山が手がける「ワロリンヌ島」。名前こそ思わずクスッとしてしまうネーミングセンスであるものの、島の開拓具合やアイデア、改装センスは類を見ない抜群のセンスを放っている。

たとえば自宅を花屋に改装した際も、そのクオリティーの高さに「えええ… 何このセンス。素晴らしいのひと言に尽きる」「クオリティーが神」「お、おしゃれすぎる…」とファンから絶賛の声が。

また4月12日に投稿された花江夏樹のゲーム実況動画では、西山とともに「ワロリンヌ島」を散策。島に1歩足を踏み入れるなり、花江は「てゆうかさ、宏太朗の島発展しすぎじゃね?」「うわ、すご~い!」と驚きの声を上げた。

いっぽう白井悠介のYouTubeチャンネルでは、逆に白井の島に西山が訪問。動画内では西山の“島チェック”が入り、“部屋に闇を感じる”“住民愛が皆無”などダメ出しする一幕も。やはり島づくりの達人ともなるとチェックも厳しいようだ。

もはや“声優界一発展している”と言っても過言ではない“西山のワロリンヌ島”。気になる方は、ぜひ1度覗いてみては?

(文=ザ・山下グレート)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

>