「相変わらず好き勝手にやってるな(笑)」『別マガ』の表紙でまたもや『進撃の巨人』がやってくれた…

みなさんは、今年4月に発売された『別冊少年マガジン』5月号の表紙をご存知だろうか。表紙を飾っているのは大人気コミック『進撃の巨人』なのだが、ネット上では「これは少年誌としてアリなのか?」と波紋が広がっているようだ。

話題の渦中にあるのは、2020年4月9日発売の『別冊少年マガジン』。表紙にはエレン・アルミン・リヴァイ・ジャン・コニー・ライナーが描かれているものの、なぜか全員“裸” …というより“サウナ”に入っている。

汗だくになりながら必死に熱さに耐えている6人。雑誌の中央部には「もう少しの我慢だ。希望はその先に。」と書かれており、サウナに対してなのか物語に対しての言葉なのかわからない状態に。これにはネット上も「こんな時期にサウナでみっちりしてる表紙www」「少年誌的にはわからないけど、女子目線では好感が持てます」「相変わらず表紙は好き勝手にやってるな(笑)」などの声が相次いだ。

ちなみに以前には、知る人ぞ知る“チャリで来たポーズ”で表紙を飾った『進撃の巨人』。元ネタは「チャリで来た」と書かれた男子4人組のプリクラで(巷では“伝説のバカ画像”として知られている)、2017年発売の同誌9月号にてエレン・ミカサ・アルミン・リヴァイの4人が“チャリで来たポーズ”をお披露目した。

度々意表を突く表紙で読者を驚かす『別冊少年マガジン』。次は一体どんな表紙が話題になるのか、楽しみにしていよう。

(文=ザ・山下グレート)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

新着記事

【河原田巧也の「ブタイウラ!」】第5回~演出家の裏側~ あけましておめでとうございます。俳優の河原田巧也です。この記事では、僕がリアルに感じた演劇の舞台裏を隔週で語っていきたいと思います! 今回はトライアルではなく、初の演出として携わった