殺されたヲタが推しの子どもに転生?「エッジが効いてて面白い」と大好評のマンガ『【推しの子】』

2020年4月23日発売の『週刊ヤングジャンプ』21号から連載がスタートした『『【推しの子】』。赤坂アカ・横槍メンゴという人気マンガ家同士のタッグ作品で、「めちゃくちゃエッジが効いてて面白い!」と読者を興奮させている。

『【推しの子】』第1話は、アイドルグループ「B小町」のアイを推す産婦人科医・ゴローをメインに展開。やがて彼の前にアイ本人が現れ、彼女の妊娠が判明する。事実を隠してアイドルを続けると決心したアイだが、直後にゴローが何者かに殺されてしまう。

主人公と思われたゴローがいきなり退場する展開も驚きだが、なんと彼はアイが出産した双子の1人に転生。さらにもう1人もアイを推していた少女・さりなの生まれ変わりらしい。そんな2人が正体は伏せながらも、大人顔負けの行動を繰り広げるというストーリーだ。

赤坂といえば同誌で『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』を連載しており、ファンから「赤坂先生働きすぎでは?」「『かぐや様』と作風が違ってビックリ」と驚きの声が。また作品への反響も大きく、「ゴロー先生を殺した犯人が誰か気になる…」「全力でヲタ芸披露する双子が可愛すぎ!」などの反応が寄せられていた。

芸能界を舞台に、今後どのようなドタバタ劇が描かれるのだろうか…。

(文=ザ・山下グレート)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

>