「まさに神作になる予感しかない」 麻枝准が原作を務めるアニメ「神様になった日」PV公開

「AIR」などの傑作を生み出したシナリオライター・麻枝准が原作と脚本を務めるアニメ「神様になった日」。製作決定に合わせて公開されたティザーPVでは、神として目覚めた少女・ひなのキュートなビジュアルを見ることができます。

“世界の終わり”を予見したひなが、終焉を共に過ごす少年を選んだことから物語が始まる同作。麻枝のストーリーテリングに期待する声も多く、「絶対泣きそうなアニメだね。麻枝さんの脚本だから楽しみ」「自分にとっては麻枝さんが神。まさに神作になる予感しかない」といった声が上がっています。アニメ放送は2020年10月からの予定なので、美しい音楽も魅力の同PVを見て待ちましょう!

(文=ヘプノモヒカンGG)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.