え、キテレツは“キテレツ”じゃないの!? 意外と知らないアニメキャラのフルネーム

突然だが、みなさんは“キテレツ”の本名をご存知だろうか。キテレツといえば「キテレツ大百科」の登場人物で、偉大な発明家を夢見る工作好きの少年。その名を知っている人は多いものの、彼の本名が「木手英一(きてえいいち)」ということはあまり知られていない。そこで今回はキテレツのように、知られざる“アニメキャラの本名”についてご紹介しよう。

まずは「ドラゴンボール」魔人ブウ編のキーマン、ミスター・サタンの本名から。思わず本名と勘違いしてしまいがちだが、ミスター・サタンはあくまでリングネームで本名は「マーク」。ちなみにマークは“アクマ”、娘のビーデルは“デビル”をもじって作られている。

一方「ゲゲゲの鬼太郎」より、ねずみ男の本名は「根頭見(ねずみ)ペケペケ」。ペケペケと聞いてちょっとでも可愛いと感じた方は、果たしてその意味を知っても同じことが言えるだろうか。じつはペケペケという言葉は、ニューブリテン島の原住民の言語。意味は“大便”、つまりウンチだ。


これにはネット上も大爆笑だが、一方で「自分が生み出したキャラクターにペケペケ(大便)とつける水木先生のネーミングセンスwww」「水木しげる先生らしいわ(笑)」「なんだかんだで水木先生の愛を感じる」といった反響も少なくない。

他にもまだまだある“アニメキャラの知られざる本名”。本当の名を知れば、そのキャラクターの見方も大きく変わるかも?

(文=ザ・山下グレート)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

新着記事

名作文学を原作とした朗読CD「朗読喫茶 噺の籠 ~あらすじで聴く文学全集~」が2月よりリリース開始。記念すべき第1弾には、斉藤壮馬さんや下野紘さんらが出演しています。ちなみに『走れメロス』を読んだ下野さんは、複数の役をこなしているよう。
nano.RIPEきみコが語るアニメ楽曲制作の裏側「第2回」 今回は、今月より放送スタートのテレビアニメ『のんのんびより のんすとっぷ』オープニング主題歌「つぎはぎもよう」の制作秘話に切り込んでいきます! 実は「のんのんびより」は、制作
花沢さんといえば、恋する乙女というイメージがあるはず。ガッツに溢れたアプローチでアタックを仕掛ける花沢さんに、多くの視聴者が元気をもらったのではないだろうか? 今回は花沢さんが特に活躍したエピソードをピックアップしていこう。 ■【花沢さん