元ネタは“コナンソード”? ドラクエ「ロトの剣」の制作秘話に驚きの声続出!

元ガイナックスのメンバー・玉谷純が今年3月、ゲーム用にデザインした“剣”などの制作秘話をTwitterで公開。「ドラゴンクエスト」で有名な“ロトの剣”も含まれ、「玉谷さんのデザインだったの!?」「まさかすぎる元ネタにビックリ!」とファンを大興奮させたようだ。

玉谷はロトの剣の他にも、育成ゲーム「プリンセスメーカー」用に描かれた“ヴァルキュリアの剣”などのデザイン画を投稿。続くツイートで「一番最近デザインした剣は、#勇者ヨシヒコ 最終回に登場した『とどめの剣』ですね」とも明かしている。

ロトの剣の制作秘話について玉谷は、映画「コナン・ザ・グレート」の“コナンソード”が事の発端だったと告白。当時ロトの剣は名称だけで“公式にはビジュアルが存在しない”剣であり、コナンソードを参考にデザインして商品化を打診したという。さらに玉谷のデザインが気に入られたことで、公式のアイテムデザインを発注されることになった。

玉谷が明かした秘話は大反響を呼び、ネット上には「ドラクエのデザインって全て鳥山明の担当だと勘違いしてた…」「勇者ヨシヒコに登場した『とどめの剣』、パクリだと思いきやまさかの本家デザイン!」「ドラクエ史においてめっちゃ重要な資料になるのでは」といった声が。

次にどのような秘話が玉谷から飛び出すのか、彼のツイートをチェックしてみては?

(文=ザ・山下グレート)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

新着記事

コミックシーモアの大人気恋愛漫画『ももいろ あんずいろ さくらいろ』がドラマ化決定!大学生男女4人の四角関係を描いた作品なのですが、私の注目キャラは主人公の親友・根岸有香です。モテかわルックスながらしたたかな彼女は、悪女だけどどこか憎め
スネ夫に抱く印象は、人によってはかなり悪いかもしれない。親のスネをかじりジャイアンの威を借り、スネ夫の活躍はアニメ本編でもあまり見かけないはず。しかしスネ夫にも名言や、輝いたシーンが存在する。今回はそんなスネ夫のエピソードをご紹介していこう