『キングダム』第637話レビュー 全ては李牧の手の中!? 秦軍に訪れた最大のピンチとは…

2020年4月2日に発売された『週刊ヤングジャンプ』18号。『キングダム』第637話では、
秦国の兵糧部隊が罠にはまってしまい「飛信隊の面々はどうなっちゃうんだ…?」といった声が相次いでいる。

飢餓状態の兵たちを救うため、少しでも早く兵糧を届けたい秦軍。しかし、敵国である趙軍に道を阻まれてしまう。次々と兵糧が襲われるが、実は陸路で運んでいた兵糧は秦軍の罠。本命は水路での運搬であり、本物の兵糧は黄河を船で移動している最中だった。

作戦は成功したかに思えたが、趙将・李牧はすでに感づいていたようす。黄河を進む趙の船団に、巨大な船団が立ちはだかる。飢えた兵たちを助けるための兵糧は河に沈められ、本命の兵糧部隊も壊滅。兵糧を心待ちにする信たちは、あまりの空腹に次々と倒れていく…。

絶望の状況に置かれた秦軍の兵たちに、ネット上からは「いよいよヤバくなってきたな」「信たちもそうだけど、他の将たちも心配だわ」「やっぱり李牧は名将。全部読まれてたわけだ」などの声が上がっている。

果たして、兵糧を絶たれた秦軍の命運や如何に―。

前話はコチラ 『キングダム』第636話レビュー 「やっぱり介億先生はさすがだぜ!」 秦国の兵糧はどこに…?

(文=トコロドコロ島本)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

>