『キングダム』第636話レビュー 「やっぱり介億先生はさすがだぜ!」 秦国の兵糧はどこに…?

2020年3月26日に発売された『週刊ヤングジャンプ』17号。『キングダム』第636話では、介億が見せた策士ぶりに「やっぱり介億先生はさすがだぜ!」といった声が相次いでいる。

趙国・鄴の陥落に成功し、つかの間の勝利を喜ぶ秦国の兵士たち。しかしすでに鄴に残っていた食料は底を尽き、長きに渡る戦いで兵は疲弊しきっていた。そこで秦国は、趙国で戦う自国の兵士に兵糧を届ける作戦に。2日以内に兵糧を届けられなければ、趙将・李牧が攻めてきた際に兵が耐えられないという。

兵糧を鄴まで運ぶ任務を担うのは、兵法の“先生”として親しまれている秦将・介億。しかし鄴に行くためには趙の砦・列尾を超えなければならず、補給部隊を率いる介億軍の前に趙将・扈輒(こちょう)が立ちはだかる。

巧みな戦略を操り、介億の補給部隊を襲撃する扈輒軍。しかし、補給部隊が運ぶ俵の中身は空だった。あるはずの兵糧がないことに焦る趙兵たちだが、介億だけはニヤリと笑う…。

まんまと趙軍を欺いた介億に、読者からは「やっぱり介億ってすごい軍略家だったんだな…」「何となく地味なイメージだったけど今回で好きになった」「別ルートで運んでたってことなのか? 何にしてもすごいね」といった声が相次いでいた。

果たして、趙国の兵糧はどこにあるのだろうか…?

前話はコチラ 『キングダム』第635話レビュー 「空気読まないゼノウ一家面白いな」 進軍のきっかけはまさかの“空腹”?

(文=トコロドコロ島本)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

>