意味不明ギャグが炸裂!『ボーボボ』『でんぢゃらすじーさん』に次ぐ最強ギャグ漫画といえば?

数多く存在する“ギャグ漫画”の中でも、熱狂的なファンを持つ作品といえば『ボボボーボ・ボーボボ』や『絶体絶命 でんぢゃらすじーさん』が有名。そんな2作品に次ぐ最強ギャグ漫画を選ぶとすれば、どのようなタイトルがあがるのだろうか。

もはやギャグ漫画界の“伝説”とも呼べる『ボーボボ』と『でんぢゃらすじーさん』は、意味不明なハイテンションギャグが共通点。もはや人知の及ばないギャグセンスを見せつけており、時として“不条理ギャグ”と評されるほどだ。そのためネット上には、「『ボーボボ』と並べられるギャグ漫画なんて思いつかない」「『でんぢゃらすじーさん』ほど先の読めないギャグ漫画は他にないでしょ」といった声が多い。

『ボーボボ』&『でんぢゃらすじーさん』が圧倒的な支持を受ける一方で、ギャグ漫画ファンからは「『行け! 稲中卓球部』はイイ線いってると思うよ」「強いてあげるなら、ぶっ飛び具合で『ギャグマンガ日和』かな」「『浦安鉄筋家族』のおバカっぷりは大好き」といったコメントが。またギャグ漫画家の名前をあげる人も見られ、『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!! マサルさん』のうすた京介や『いぬまるだしっ』の大石浩二が人気を集めていた。

今後『ボーボボ』や『でんぢゃらすじーさん』と並ぶほどの作品は現れるのか。新たな才能がギャグ漫画界に登場する日を待ちたい。

(文=ザ・山下グレート)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

新着記事

名作文学を原作とした朗読CD「朗読喫茶 噺の籠 ~あらすじで聴く文学全集~」が2月よりリリース開始。記念すべき第1弾には、斉藤壮馬さんや下野紘さんらが出演しています。ちなみに『走れメロス』を読んだ下野さんは、複数の役をこなしているよう。
nano.RIPEきみコが語るアニメ楽曲制作の裏側「第2回」 今回は、今月より放送スタートのテレビアニメ『のんのんびより のんすとっぷ』オープニング主題歌「つぎはぎもよう」の制作秘話に切り込んでいきます! 実は「のんのんびより」は、制作
花沢さんといえば、恋する乙女というイメージがあるはず。ガッツに溢れたアプローチでアタックを仕掛ける花沢さんに、多くの視聴者が元気をもらったのではないだろうか? 今回は花沢さんが特に活躍したエピソードをピックアップしていこう。 ■【花沢さん