『ONE PIECE』第975話レビュー 「間違えて理解してたのかよwww」 錦えもんの起こした“奇跡”にファン爆笑!

3月23日発売の『週刊少年ジャンプ』17号。『ONE PIECE』の第975話では、偶然危機を乗り越えた錦えもんに対して「さすが錦さん。光月おでんの右腕にふさわしいぜ…」といった声が相次いでいる。

おでんの家臣・カン十郎の裏切りにより、百獣海賊団に包囲されてしまった錦えもんたち。
そんな時“狂死郎”として素性を偽っていたおでんの家臣・傳ジローが現れ、なぜか錦えもんを「さすが頭の切れる男!」と褒めはじめた。

傳ジローいわく、裏切りに気づいていた錦えもんはあえてニセの情報を仲間に伝達。スパイとして情報を流していたカン十郎を出し抜き、味方の集合場所を隠し通したという。

しかし、これを聞いた錦えもんは微妙な表情を浮かべたままフリーズ。どうやら錦えもんはニセの情報をわざと流したわけではなく、ただ単に情報を勘違いしていただけのよう。これを見た読者たちは、「なんか、今回の話で錦さんがより好きになったわ」「間違えて理解してたのかよwww」「ドジすぎて愛しくなってきた」と大盛り上がりしていた。

偶然とはいえ、錦えもんは相当な運の持ち主なのかもしれない…。

前話はコチラ 『ONE PIECE』第974話レビュー “最悪の世代”がいよいよ終結!? 揃った3人にファン「マジで胸アツ」

(文=トコロドコロ島本)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

>