『キングダム』第635話レビュー 「空気読まないゼノウ一家面白いな」 進軍のきっかけはまさかの“空腹”?

3月19日に発売された『週刊ヤングジャンプ』16号。『キングダム』第635話では、逃げ惑う民衆を無視して進軍するゼノウに「あまりにも勝手すぎるwww」とツッコミが相次いだ。

軍隊に反旗を翻した民衆の力により、内側から城門が開けられた鄴。城外へとあふれ始めた民衆を見つめながら、進軍の機会を伺う兵士たちは民衆の流れが弱まってから突撃する手筈を整えていた。ところが腹を空かせたゼノウ一家が、民衆を弾き飛ばしながら先行して城内に突撃。ゼノウは鼻息を荒げ、焦点の定まらないような目で敵兵をなぎ倒していく。

ゼノウ一家の攻撃により鄴の守備軍は混乱し、他の門から桓騎軍も入城して敵兵を一蹴。追いつめられた鄴の城主は屋根から身を投げ、ついに鄴は陥落を迎えることに。一方遅れて到着した飛信隊の信たちも鄴陥落を喜んだが、目当てだった城内の食糧が尽きていると知って驚きを隠せなかった…。

鄴陥落の一端を担ったゼノウ。空腹に任せて暴れ回る姿に読者からは、「表情が完全にイっちゃってる!」「空気読まないゼノウ一家面白いな」「とばっちり受けた民衆がかわいそう」といった声が続出している。

食糧難に苦しむ飛信隊だが、一方で王翦には何か秘策がある様子。王翦はどのような手に打って出るのだろうか。

前話はコチラ 『キングダム』第634話レビュー 「だんだん愚将に見えてきて草」 あの李牧が焦る理由とは…?

(文=トコロドコロ島本)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

>