「ミュシャを間近で見られるのは貴重!」 名古屋市美術館で「みんなのミュシャ」展開催

プレスリリースより

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家で、後世のアーティストに多大な影響を与えてきたアルフォンス・ミュシャ。2020年4月25日より名古屋市美術館では「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ-線の魔術 名古屋展」を開催します。

ミュシャ財団監修による同展は、ミュシャ自身の作品だけでなく「ミュシャ様式」を継承した現代の作品などを紹介。ネット上からは、「点数多くて見応えありそう」「大好きなミュシャを間近で見られるのは貴重だね」「行かねばならない案件が増えた」と期待する声が続出していました。ファンは会場に駆けつけて、ミュシャの世界観を堪能してみてはいかが?

「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ-線の魔術 名古屋展」公式サイト

(文=ベジナハモッチ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

新着記事

コミックシーモアの大人気恋愛漫画『ももいろ あんずいろ さくらいろ』がドラマ化決定!大学生男女4人の四角関係を描いた作品なのですが、私の注目キャラは主人公の親友・根岸有香です。モテかわルックスながらしたたかな彼女は、悪女だけどどこか憎め
スネ夫に抱く印象は、人によってはかなり悪いかもしれない。親のスネをかじりジャイアンの威を借り、スネ夫の活躍はアニメ本編でもあまり見かけないはず。しかしスネ夫にも名言や、輝いたシーンが存在する。今回はそんなスネ夫のエピソードをご紹介していこう