『PINGKONG』第11話レビュー 「またゴリラが増えちゃったよ」 タクミの前に現れた“白いゴリラ”とは…?

2020年3月4日発売の『少年サンデー』14号。『PINGKONG』の第11話では、少女がゴリラに変身し「またゴリラが増えちゃったよ」といった声が上がっている。

卓球大会の会場へやってきた早乙女タクミ・コトミのペア。しかし到着早々、審判から失格を言い渡されてしまう。失格の理由はゴリラであるタクミ。審判が口にした「ゴリラの不正参加です!」という言葉に、コトミは「今そこ!?」とツッコむ。

河原で膝を抱え途方に暮れるタクミだったが、突如現れた「ラリー屋」を名乗る女性と勝負することに。相手の“テクニック”や“外見”を完璧に複製できるラリー屋は、タクミを完璧にコピー。タクミが黒いゴリラなのに対し、ラリー屋は白いゴリラへと姿を変えた。

ゴリラに変身したラリー屋に、ネット上からは「もはや人間ですらなくなってて草」「見た目までコピーする意味があるのだろうか」「卓球漫画にゴリラが出てるだけでもカオスなのに、色違いまで登場して笑う」などの声が上がっている。

果たしてタクミは、自身と同じゴリラに勝利することができるのだろうか…。

前話はコチラ 『PINGKONG』第10話レビュー 「いや、そんな理由で別れたのかよwww」 母親と父親の別れた理由に読者爆笑!

(文=トコロドコロ島本)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

>