『キングダム』第633話レビュー 「読者にも分かりやすく解説してくれるから好き」 しゃべるだけで好かれる田里弥

2月27日に発売された『週刊ヤングジャンプ』第13号。『キングダム』の633話では、田里弥が兵たちに語りかけ「読者にも分かりやすく解説してくれる田里弥さん好き」といった反響が上がっている。

朱海平原の戦いに勝利した王翦率いる秦軍。しかし、敵国である趙の大将・李牧に逃げられてしまう。そこで王翦軍の将である田里弥は、隊を縮小して追うことを提案。全員で追うべきだと飛信隊・信は噛みつくが、田里弥が隊を縮小する理由を2つ明かす。

1つ目は隊のスピード。15日間もの戦いで疲れている兵も多く、全員で追えば李牧に追いつけないと語る。もう1つの問題は、兵糧の残数。全員に行き渡らせるだけの食料はすでに残っていないため、全てをかき集めて李牧を追跡する兵に食べさせるという。

隊員の前で説明を始めた田里弥に、読者からは「今回は田里弥の解説回だな」「田里弥さん最近よくしゃべるよね。最初は常に無言なイメージだったけど」「田里弥が話し始めるとなぜか笑ってしまう」などの声が相次いでいる。

精鋭部隊を率い、李牧が逃げ込んだ鄴(ぎょう)へと進む秦軍。果たして信たちは、“趙の三大天”である李牧を倒すことができるのだろうか―。

前話はコチラ 『キングダム』第632話レビュー 「キングダムって少女漫画だったっけ?」 羌瘣が明かす想いにファン悶絶!

(文=トコロドコロ島本)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

>