NHKアニメは隠れ良作ぞろい!? 中学生のピュアな青春を描いた「テレパシー少女 蘭」を懐かしむ声が続出

先日隠れ名作アニメとして「テレパシー少女 蘭」が話題に上がっていた。同作は2008年にNHKで放送されたアニメで、『バッテリー』などで知られる小説家・あさのあつこ作品が原作。超能力を持った少女・蘭の友情や青春を描いている。

Twitter上では作品を懐かしんだ人たちから「蘭と翠の関係性が絶妙で好きだった!」といった声が続々と寄せられて大盛り上がり。特にED曲である「ポラリスの涙」が心に残っているようで、「少し切ないメロディに感動したなぁ」「サビの歌詞が好きで今でも歌える!」と絶賛の嵐が巻き起こっていた。

曲が有名なNHKアニメといえば「獣の奏者エリン」も挙げられる。同作のOP曲「雫」は前期と後期でそれぞれスキマスイッチ・元ちとせが歌唱し、印象に残っている人も多いのではないだろうか。民族感あるメロディと伸びやかな歌声は、エリンが辿る波乱万丈な人生にぴったり。ストーリーの重厚さも相まって、今でも愛される名作アニメの1つだ。

他にもNHKでは「カードキャプターさくら」や「ふしぎの海のナディア」など数々の名作アニメを放送してきた。NHKアニメをチェックすれば、人生を変える1作に出会えるかもしれない。

(文=ザ・山下グレート)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

新着記事

名作文学を原作とした朗読CD「朗読喫茶 噺の籠 ~あらすじで聴く文学全集~」が2月よりリリース開始。記念すべき第1弾には、斉藤壮馬さんや下野紘さんらが出演しています。ちなみに『走れメロス』を読んだ下野さんは、複数の役をこなしているよう。
nano.RIPEきみコが語るアニメ楽曲制作の裏側「第2回」 今回は、今月より放送スタートのテレビアニメ『のんのんびより のんすとっぷ』オープニング主題歌「つぎはぎもよう」の制作秘話に切り込んでいきます! 実は「のんのんびより」は、制作
花沢さんといえば、恋する乙女というイメージがあるはず。ガッツに溢れたアプローチでアタックを仕掛ける花沢さんに、多くの視聴者が元気をもらったのではないだろうか? 今回は花沢さんが特に活躍したエピソードをピックアップしていこう。 ■【花沢さん