「王道から少しずれてるところがドストライク」 累計100万部の人気漫画『恋と呼ぶには気持ち悪い』アニメ化

一迅社WEB『恋と呼ぶには気持ち悪い』特設ページより

WEB漫画誌「comic POOL」で連載中の『恋と呼ぶには気持ち悪い』がアニメ化決定。同作はもぐすが描くラブコメ漫画で、累計100万部を突破している。人気作品のアニメ化発表に「亮くんが動くの嬉しすぎる!」「一花ちゃんと亮くんのイチャラブシーンが楽しみ」とファンから歓喜の声が上がっている。

“妹の親友に恋をする高スペック社会人”という設定も魅力のようで、ネット上では「王道から少しずれてるところがドストライク」など大好評。ちょっと変わった恋の話にときめいてみてはいかが?

一迅社WEB『恋と呼ぶには気持ち悪い』特設ページ

(文=ベジナハモッチ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

新着記事

名作文学を原作とした朗読CD「朗読喫茶 噺の籠 ~あらすじで聴く文学全集~」が2月よりリリース開始。記念すべき第1弾には、斉藤壮馬さんや下野紘さんらが出演しています。ちなみに『走れメロス』を読んだ下野さんは、複数の役をこなしているよう。
nano.RIPEきみコが語るアニメ楽曲制作の裏側「第2回」 今回は、今月より放送スタートのテレビアニメ『のんのんびより のんすとっぷ』オープニング主題歌「つぎはぎもよう」の制作秘話に切り込んでいきます! 実は「のんのんびより」は、制作
花沢さんといえば、恋する乙女というイメージがあるはず。ガッツに溢れたアプローチでアタックを仕掛ける花沢さんに、多くの視聴者が元気をもらったのではないだろうか? 今回は花沢さんが特に活躍したエピソードをピックアップしていこう。 ■【花沢さん