「仮面ライダーゼロワン」第20話レビュー ヒューマギアの“心意気”が人間を上回る!?

1月26日放送の「仮面ライダーゼロワン」第20話では、ヒューマギアと人間の「住宅販売」対決が決着。対照的な両者の物件バトルに、視聴者からは様々な意見が寄せられていた。

天津垓(桜木那智)が選出した営業マン・新屋敷達己(一色湊)は、住宅販売員ヒューマギアの住田スマイル(中﨑絵梨奈)を妨害。スマイルと飛電或人(高橋文哉)は、売り上げで大きく差をつけられてしまう。そんな中、スマイルと新屋敷のところに資産家から依頼が。予算5億円という大口の依頼で、息子家族たちが遊びに来れる大きな家を探しているという。

勝利を確実にしたい新屋敷は、資産家に豪邸を紹介。一方で逆転を狙いたいはずのスマイルは、何故か2900万円の小さな一軒家を候補として提示する。これではたとえ売り込みに成功しても逆転不可能だが、スマイルは「家族との近さ」を優先。或人も彼女の信念に心を打たれ、格安の一軒家で勝負に出た。

結果的に資産家は「売り上げよりも、自分と家族、妻の幸せについて考えてくれた」という理由で、スマイルの物件をチョイス。対決自体には負けてしまったが、或人たちも依頼主も“笑顔”で商談を成立させている。この結果に視聴者からは、「AIの方が“人間らしい”営業をしてる…」「数字至上主義の人間と、数字に捉われないAIの対立が深い」といった声が。

次回は「裁判対決」が行われるそうだが、どのような戦いが繰り広げられるのだろうか。

(文=トコロドコロ島本)

コメント一覧

1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

>