「軽快なトークが楽しい!」 野津山幸宏&下鶴直幸が演じる「オカルトーク!」ボイスドラマ公開

チャットノベルアプリ「TanZak」に掲載されている「オカルトーク!」のボイスドラマが公開。水原役を野津山幸宏、瀬沼役は下鶴直幸が演じている。作品を視聴したファンからは「2人ともぴったりな演技で最高!」など好評の声が相次いでいた。

同作は瀬沼と水原を中心に繰り広げられるホラーコメディで、軽快な会話劇で物語が進んでいく。水原のコントには「もっと長く聴いていたい!」とハマる人が多数。だが「楽しい中に『怖さ』もあっていい」という感想もあるように、笑いだけではないようだ。“ホラー”コメディとしても相応しい仕上がりを確かめて欲しい。

(文=マルデガワ咲)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

新着記事

コミックシーモアの大人気恋愛漫画『ももいろ あんずいろ さくらいろ』がドラマ化決定!大学生男女4人の四角関係を描いた作品なのですが、私の注目キャラは主人公の親友・根岸有香です。モテかわルックスながらしたたかな彼女は、悪女だけどどこか憎め
スネ夫に抱く印象は、人によってはかなり悪いかもしれない。親のスネをかじりジャイアンの威を借り、スネ夫の活躍はアニメ本編でもあまり見かけないはず。しかしスネ夫にも名言や、輝いたシーンが存在する。今回はそんなスネ夫のエピソードをご紹介していこう