『ハイキュー!!』日向翔陽VS影山飛雄の試合に烏野高校バレー部OBが大集合!

『週刊少年ジャンプ』の6・7合併号が1月4日に発売。『ハイキュー!!』第379話「妖怪大戦争」に烏野高校バレー部のOBが大集合し、ファンから歓喜の声が上がっている。

主人公・日向翔陽は、「MSBYブラックジャッカル」のメンバーとして「シュヴァイデン アドラーズ」との試合に挑むことに。アドラーズには影山飛雄が所属しているため、彼らをよく知る元チームメイトやライバル高校の卒業生も客席に集まっていた。

ブラックジャッカルで翔陽と共に戦うのは、宮侑や木兎光太郎、そして佐久早聖臣といったメンバー。一方アドラーズには、牛島若利、星海光来、昼神福郎も所属している。

会場前でバレー部員たちを引率しているのは、烏野高校バレー部監督・武田一鉄とコーチの鳥飼繋心。会場内には木下久志と成田一仁が、到着しているはずの田中龍之介を探していた。2人の前に現れた田中の隣には、元マネージャーである潔子が。なんと潔子は名字が清水から田中に変わっている。

理学療法士として働く縁下力や獣医学部5年生の昼神幸郎も、会場にはいないが試合のことを気にしている様子。それぞれの思いを胸に試合開始を待つ彼らの姿には、読者から「1人1人の人生が見えて泣きそう」「同窓会みたいでめっちゃ嬉しい」「みんな立派な大人になっててよかった…!」と感動の声が相次いだ。

いよいよ始まる運命の試合。翔陽と影山、どちらのチームが勝利を収めるのだろうか。

(文=トコロドコロ島本)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.