「犬夜叉」人気投票第1位! と思いきや放送禁止に… なんで?

2019年11月16(土)放送の「全るーみっくアニメ大投票」で、作品部門第1位にランクインしたアニメ「犬夜叉」。ネット上は大盛り上がりとなったが、その数日後に「AbemaTVアニメ(アベアニ)」が公式Twitterにて“犬夜叉の放送中止”を発表した。

事の発端は、「AbemaTVアニメ(アベアニ)」が投稿した11月頭のツイート。「【お詫び】『犬夜叉』の配信につきまして」と書かれたツイートには、「11/10(日)に予定しておりました放送及びAbemaビデオでの配信を中止することとなりました」「ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません」と謝罪文が記載されていた。

その段階では「今後につきましては、改めてご案内いたします」としていたが、その数日後に「先日、放送中止をお伝えした『犬夜叉』は今後の放送予定をすべて中止とする事を決定を致しました」と“犬夜叉の放送中止”が確定に。

ちなみに中止の理由は明らかになっておらず、ネット上では「ええ… なんで!?放送禁止になったの?」「誰か逮捕されたっけ?」「どうしよう。中止の理由が全然浮かばない」「せっかく総選挙で1位になったのにな…」と悲しみの声が続出している。

その一方では「昨今のコンプライアンス的に放送禁止なんじゃないかな」「利用料とかその辺の問題だろ」「独占契約が絡んでるんじやない?」など推測の声が相次ぎ、中には「奈落が逃げすぎるから?」「弥勒様がスケベだから?」「半妖差別」「風穴が欠損描写に触れてしまったか」といった作品に絡めたコメントも。

永遠の謎になりつつある「犬夜叉」の配信中止。ここにどんな願いも叶う“四魂の玉”があれば、話は別なのだが…。

(文=ザ・山下グレート)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.