『HUNTER×HUNTER』冨樫義博の代表作も! 今こそ見たい90年代アニメ

数々の名作アニメが誕生した1990年代。タイトルを聞いて、「青春時代が蘇る!」という人も多いのではないだろうか。今回は“今こそ見たい90年代アニメ”をご紹介しよう。

■幽☆遊☆白書

“霊界探偵”として蘇った浦飯幽助。彼は人間界と霊界の平和を守るため、桑原・蔵馬・飛影とと共に次々現れる凶悪な妖怪たちを倒していた。人間界・霊界・魔界と舞台を変えながら、徐々に激しさを増す戦い。深まっていく物語の先にあるものとは? 『HUNTER×HUNTER』の作者・冨樫義博原作による大ヒットアニメで、今年上演された舞台版ではハイレベルなビジュアルに注目が集まった。

■カードキャプターさくら

木之本桜は父・兄と暮らす、友枝小学校の4年生。ある日父の書庫で不思議な本を発見するが、その本に入っていたのはこの世に災いをもたらすという「クロウカード」だった! 解き放たれてしまったクロウカードを取り戻すため、彼女は「カードキャプター」として奮闘することに…。1998年から2000年にかけてNHKでアニメ化され、数多くのグッズも発売。2016年からは、原作漫画の新編となる「クリアカード編」がスタートした。

■少女革命ウテナ

幼い頃に自分を助けてくれた王子様に憧れ、“王子様になりたい”と願うようになった少女・天上ウテナ。彼女は鳳学園で、「薔薇の花嫁」と呼ばれる少女・姫宮アンシーと出会う。
さらに「薔薇の花嫁」をかけて戦い続ける生徒会役員(デュエリスト)たちは、ウテナがかつて王子様から貰った指輪と同じ「薔薇の刻印」と呼ばれる指輪を持っていた─。今も熱狂的なファンが多いことで知られ、原案・監督を務めた幾原邦彦は今年『さらざんまい』(フジテレビ系)の放送でも注目を集めている。

■スレイヤーズ

リナ=インバースは天才魔道士。ひょんなことから剣士ガウリィとアトラス・シティへ向かう旅に出るが、2人をゼルガディスがつけ狙う。どうやらゼルガディスの目的は、魔王シャブラニグドゥの復活にあるらしい。果たして“魔王”とは一体何者なのか!? 原作は今年刊行30周年のライトノベルで、テレビ東京系列で放送の『スレイヤーズNEXT』『スレイヤーズTRY』なども人気を集めた。

■カウボーイビバップ

「位相差空間ゲート」により、短時間での惑星間航行が可能になった未来の太陽系。犯罪者を追い宇宙を飛び回る賞金稼ぎのスパイクは、“カウボーイ”と呼ばれていた。彼は元警官のジェットや記憶喪失かつ莫大な借金を背負うフェイたちと、惑星間航行船「ビバップ号」で奇妙な共同生活を送ることに…。なお同アニメは、Netflix製作でハリウッド実写ドラマ化が進められている。

(文=トコロドコロ島本)

コメント一覧

2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

新着記事

名作文学を原作とした朗読CD「朗読喫茶 噺の籠 ~あらすじで聴く文学全集~」が2月よりリリース開始。記念すべき第1弾には、斉藤壮馬さんや下野紘さんらが出演しています。ちなみに『走れメロス』を読んだ下野さんは、複数の役をこなしているよう。
nano.RIPEきみコが語るアニメ楽曲制作の裏側「第2回」 今回は、今月より放送スタートのテレビアニメ『のんのんびより のんすとっぷ』オープニング主題歌「つぎはぎもよう」の制作秘話に切り込んでいきます! 実は「のんのんびより」は、制作
花沢さんといえば、恋する乙女というイメージがあるはず。ガッツに溢れたアプローチでアタックを仕掛ける花沢さんに、多くの視聴者が元気をもらったのではないだろうか? 今回は花沢さんが特に活躍したエピソードをピックアップしていこう。 ■【花沢さん