手塚治虫の長編歴史漫画が蘇る! 2020年春『陽だまりの樹』が舞台化

舞台「新 陽だまりの樹」公式サイトより

2020年4月3日(金)から舞台「新 陽だまりの樹」が公演予定。漫画家・手塚治虫の代表作『陽だまりの樹』が新たな脚本と演出で再び蘇る。主役の伊武⾕万二郎を演じるのは、以前の舞台化で⼿塚良庵を演じた上川隆也。「新 陽だまりの樹」の公式サイトでは、中村梅雀、葛山信吾といった堂々たる顔ぶれが出演することも公表している。

舞台「新 陽だまりの樹」公式サイト

(文=ベジナハモッチ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

>