ヒトカゲ・フシギダネ・ゼニガメ… 初代御三家、何を選んでた?

1996年に発売されたロールプレイングゲーム「ポケットモンスター 赤・緑・青」。最初に選ぶポケモンといえばヒトカゲ・フシギダネ・ゼニガメの3匹だが、当時のゲーマーたちはどのポケモンを選んでいたのだろうか。ネット民たちの声を探ってみよう。

SNSやネット上などを見てみると、炎タイプの“ヒトカゲ”を選ぶ人が多いよう。ある調査では“最初に選んだポケモン”第1位にヒトカゲがランクインし、ネット上でも「当時は炎タイプ=最強という印象があった」「見た目が圧倒的に可愛い。しかも進化後はカッコ良くなる」「ドラゴンっぽい姿や炎タイプも厨二心をくすぐる。まっとうな少年ならヒトカゲ一択だろう」などの声が多く上がっていた。

しかしその一方では「ヒトカゲを選ぶと最初のジム戦がマジできつい」「ニビシティを抜けても、次のジム戦でまた苦戦を強いられる」「リザードに進化させないとニビシティ突破は厳しい」といった難点があるようで、「ジム戦を考慮するならフシギダネが正解」「序盤がきついからあえてヒトカゲ以外を選んでた」という人も少なくない。

その他にも「緑版だったからフシギダネにした」「ヒトカゲを選ぶ奴が多いと思って、フシギダネを選んで異端扱いされたあの頃」「ヒトカゲで最初のジム戦で詰み、ゼニガメでもう1回やり直した」「カメックスのなみのりで炎タイプは倒せるし、れいとうビームがあれば草タイプもイケる。通はゼニガメ一択」など、ヒトカゲを選ばなかった理由は様々のようだ。

今年11月には「ポケットモンスター」シリーズ最新作が発売開始。今度の新しい3匹は、何タイプのポケモンが人気を博すのだろうか。

(文=ザ・山下グレート)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。