アナタはどれが好き?『HUNTER×HUNTER』の1番好きな名台詞

1998年より連載がスタートした、冨樫義博の大人気コミック『HUNTER×HUNTER』。現在に至るまで様々な“名言”が登場した同作だが、ファンたちの間で“最も人気の高い名台詞”とは一体何なのだろうか。ネット上の声をみていこう。

たとえばメインキャラの台詞でいえば、「クセになってんだ。音殺して動くの」「オレに… 何した?」「毒… 効かない体質なんだよね、オレ」「あれ以上やってたら殺してでもボールとりたくなっちゃうもんな」など“キルア”の台詞を挙げる人が多いよう。

キルア以外にもヒソカの「舐めてるのかい? それともすごく舐めてるのかい?」「興奮しちゃうじゃないか…(ズギューン)」やクラピカの「死で償え」、ゴンの「もうこれで終わってもいい。だからありったけを」という声も上がっていた。

またメインキャラではないが、ネテロの台詞を挙げる人も少なくない。中でもメルエムVSネテロ戦での台詞は人気が高いようで、ネット上には「『そりゃ悪手だろ蟻んコ』は日常的に使いたいくらい好き」「ネテロの『虫が…』はなかなか痺れる」「『感謝するぜ、お前と出会えたこれまでの全てに!!!』も良き」といった声が。

その他にもメルエムの「お前らは豚や牛の命乞いに耳を貸したことがあるか?」「最期を… コムギ。お主と打って過ごしたかった」やネフェルピトーの「殺されるのがボクで良かった」、クロロの「派手に殺れ!!」「オレ達から貴方への鎮魂曲です」、“団長の手刀を見逃さなかった人”の「おそろしく速い手刀。オレでなきゃ見逃しちゃうね」などが人気のようだ。

物語は今もなお進行中。現在連載中の「暗黒大陸編」では、どのような名言が飛び出すのだろうか。

(文=ザ・山下グレート)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。