サザエの一言に全国のビジネスマン憤慨!?

2019年9月8日(日)の「サザエさん」では、作品No.7983「通勤電車の達人」を放送。エピソードの中でサザエが放ったある一言に、全国のビジネスマンが憤りを感じている。今回は、サザエの衝撃的な一言をご紹介していこう。

サザエ
「私も満員電車って体験してみたいわ」

ある日、磯野家の食卓では“満員電車”の話題で大盛り上がり。波平が通勤ラッシュの苦労を話す一方で、マスオは“満員電車も悪いことばかりではない”と語り出した。話を聞くところによると、先日乗った満員電車で昔の友人にバッタリ遭遇したらしい。

そんなマスオの話に恐らく心打たれたのだろう。その日の夜、サザエの口から「私も満員電車って体験してみたいわ」という“トンデモ発言”が飛び出した。しかも毎日満員電車に乗らなければならないマスオに向かって…。

これにはマスオも思わず「何を呑気なことを言ってるんだよ。色々大変なんだゾ」とツッコミを入れるが、サザエは「あらそうなの?」とどこか他人事。サザエの発言に対し、ネット上では「ラッシュ時の満員電車をナメんな」「こいつ、我々を煽りよる…」「毎朝通勤する人を馬鹿にしてる」「私だって好きで満員電車乗ってるわけじゃない!」「サザエが舐めたこと抜かして、僕のメンタルを削りにきてる」と怒りの声が広がっていた。

ちなみにこの後、サザエは実際に満員電車を体験する羽目に。目的の駅で降りられず、最後はボサボサ頭で帰ってきた。帰宅後に「ゆうべは気楽なことを言ってごめんなさい」と謝るサザエの姿から、満員電車がかなりこたえたと見える。サザエは“ドラ猫”を街中で追いかけている方が、性に合っているのかもしれない。

(文=ザ・山下グレート)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

>