これはさすがに笑う…『ドラえもん』が某人気漫画をパロる!?

2019年8月30日(金)放送の「ドラえもん」では、レプリカを生み出す秘密道具「レプリコッコ」が登場。ドラえもんたちが作った“漫画のレプリカ”が大きな注目を集めている。一体何の漫画をレプリカにしたのだろうか。

のび太
「『しょうねんたんていクナン』の新刊だ!」

ある日、スネ夫は“ある漫画”の新刊をクラスメイトに見せびらかす。例の如くのび太だけ仲間外れにされてしまい、「僕だけ見せてもらえなかった」とドラえもんに泣きついた。はじめドラえもんは「なんだ漫画くらいでみっともない」とのび太を突き放すが、その漫画の名を聞いた途端に態度を一変。「見たい! 見たい!」とはしゃいだ後、レプリコッコを取り出した。

早速レプリコッコを使って、漫画のレプリカを作るドラえもん。本物そっくりな漫画のレプリカを見るなり、のび太は「うわぁ~!!」「『しょうねんたんていクナン』の新刊だ!」と大喜びするのだった。

お察しの通り「しょうねんたんていクナン」とは、恐らく『名探偵コナン』(青山剛昌/小学館)のパロディだろう。表紙には頭にコブをこしらえたズタボロな少年が描かれており、作者名には青山剛昌ならぬ“青島強情”の文字が。

これには視聴者からも、「ドラえもんが他局をパロってるww」「クナンはさすがに笑うだろ」「表紙のクナン、ボロボロじゃないか。さすが苦難…」「作者名もパンチ効きすぎ(笑)」と爆笑の声が続出した。

ちなみに同放送では他にも、某人気漫画をパロったであろう「ニャンピース」や某音楽番組を彷彿とさせる「MUSIC LAND」などが登場。今回の「ドラえもん」はパロディ祭りだったようだ。

(文=ザ・山下グレート)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。