『ドラゴンボール』ピッコロの技名が格好良すぎ!? それに比べてベジータは…

様々な技が登場する『ドラゴンボール』シリーズだが、ピッコロの技名が「格好いい」と話題に。そしてサイヤ人のエリート戦士・ベジータの技名は、「小学生並みのセンス」だと指摘されていた。

まずピッコロの技を見てみると、「魔貫光殺砲」「魔閃光」「魔空包囲弾」などなど。また格闘ゲーム『ドラゴンボール ファイターズ』には、「魔闘斬手」や「激烈光弾」といった技も登場している。確かに「魔」や「殺」、「光」、「弾」といった文字が使われており、かなり強そう。ネット上では「ピッコロさんの技名ってかなり中二心くすぐられるよな」「全部漢字なのもポイント高い」「技名じゃなくて実際の見た目も好き」「むしろピッコロさんが格好いい」といった声が寄せられていた。

一方でベジータの必殺技といえば、「ビッグバンアタック」「ギャリック砲」「ファイナルインパクト」「ジェノサイドブレイカー」「ゴッドファイナルフラッシュ」などなど。強そうな横文字がこれでもかと使われており、「小学生がオリジナルカードゲームを作った時に考えそうな技」「おれも小学生のころ『スーパーウルトラファイナルゴッドクライマックスアタック!』とか言ってたな」「ピッコロさんのようなスマートさが足りない」「エリートサイヤ人さぁ…」などと呆れられている。

しかし中には「確かにちょっとダサいけど、“ベジータらしさ”は伝わってくる」との声も。原作者の鳥山明は、格好良さだけでなくキャラクター性も考慮して技名をつけていそうだ。

(文=田所くるまえび)