ノリスケがまた失言!? サザエに放った褒め言葉が酷すぎる…

2019年8月18日(日)の「サザエさん」では、ノリスケの“失言”が話題に。度々注目を集めるノリスケの言動だが、果たして今回はどのような失言が飛び出したのだろうか。

ノリスケ
「カニにそっくりですよ!」

話題のエピソードは、作品No.7993「浮かれるひとたち」。ある日サザエはテレビに影響されて、ピンク色の着物を身に纏う。着物姿のまま生け花を嗜んでいると、そこへ問題の男・ノリスケが登場。開口一番に「サザエさん、見違えましたね~」と絶賛し、「いや~、華やかだなぁ」とサザエを褒めちぎった。

ノリスケの褒め言葉を受けて、思わず頬を赤く染めるサザエ。するとノリスケは「そうやってハサミを持って赤くなったところなんて…」「カニにそっくりですよ!」と、唐突に失礼極まりない発言をぶつける。これにはネット上も「さすがノリスケ、見事に地雷を踏むww」「突然登場したと思ったら、僅か数秒で他人の怒りを買うとは。なかなかやりよる」「ノリスケ、お前ってやつぁ…。とことん期待を裏切らないな(笑)」と爆笑の声が相次ぐ事態に。

おかげで今まで上機嫌だったサザエも怒り心頭。そのままノリスケの上にドカッと乗っかり、制裁をお見舞いする。ちなみにノリスケは悪気なく失言をかますこともあるが、今回は完全なる確信犯。お尻の下敷きになったノリスケは、ひたすら「サザエさん、冗談ですって!」「ユーモアですよぉぉ」と叫んでいた。

増々失礼具合に磨きがかかるノリスケの失言。上機嫌の相手を一瞬で怒らせる彼は、もはや地雷踏みの名人かもしれない。

(文=トコロドコロ島本)