『君の名は。』のスポンサーが「入れ替わってる~!?」 「こういう遊び心好き」と話題に

2019年6月30日(日)に、映画『君の名は。』が地上波で放送。スポンサー提供画面ではスポンサーのロゴデザインが入れ替わっており、「演出が粋www」と話題になっていた。

 

2016年に公開された『君の名は。』は、『秒速5センチメートル』や『言の葉の庭』などで知られる“新海誠作品”。生きる世界の違う2人の男女が、ある日突然入れ替わってしまい恋に発展していく物語となっている。

 

この“入れ替わる”という要素に目をつけたスポンサー企業たちが遊び心を発揮。地上波版『君の名は。』のスポンサー提供画面では、スポンサーである「ソフトバンク」と「ロッテ」のロゴデザインがこっそりと入れ替わっていた。さらに次の場面では「サントリー」と「日清食品」のロゴまで転換。主人公・瀧とヒロイン・三葉の「入れ替わってる~!?」というセリフに合わせて、ロゴが元に戻るという演出を披露した。

 

スポンサー企業たちのお茶目な演出に、SNSなどでは「君の名は。のスポンサー陣楽しそうwww」「大人たちが金を使って遊んでるのいいね」「フォントって大切なんだなって思った瞬間」「こういう遊び心は好き」と絶賛の声が相次いでいる。

 

さらにスポンサーたちはCMだけでなく、SNS上でも遊び心を披露。地上波で放送された当日、「ロッテクーリッシュ」と「ソフトバンク」のTwitter公式アカウントは「これって、もしかして 『『入れ替わってる~!?』』」と投稿していた。

 

企業同士の珍しいコラボだったが、今後も遊び心満載なコラボに期待したい。