榮倉奈々やみやぞんも出演! 映画「それいけ! アンパンマン きらめけ! アイスの国のバニラ姫」公開

 

やなせたかし先生の生誕100周年にあたる今年、映画「それいけ! アンパンマン きらめけ! アイスの国のバニラ姫」が2019年6月28日(金)から公開されました。

 

劇場版第31作の同作でキーキャラクターとなるバニラ姫の声を演じるのは、女優の榮倉奈々さん。バニラ姫の教育係・ジェラート大臣の声はANZEN漫才のみやぞんさん、ばいきんまんの作る最強メカ“バイキンアイスロボ”はあらぽんさんが声を担当しています。ここで、映画のストーリーをご紹介しましょう。

 

<ストーリー>
雪山の中に“アイスクリームでできたお城”が高くそびえる国があります。ここは国の主が“魔法のスプーン”を使ってアイスを生みだし、そのアイスが世界中で愛されている「アイスの国」。その国のお姫様であるバニラ姫には、ある重大な“悩み”があります。なんと「アイスの国のお姫様なのに、アイスが作れない」のです! おかげで国中のアイスはすっかり無くなり、寒々しく寂しい場所に…。

 

毎日練習しているのに全然アイスが作れないバニラ姫は、執事のジェラート大臣ともケンカばかりでついにお城を飛び出してしまいます。その途中でアンパンマンとコキンちゃんに出会ったバニラ姫は、「なぜ自分はアイスを作れないのか?」「何が自分に足りないのか?」をアンパンマン、そしてそのなかまたちと過ごす中で少しずつ学んでいきます。一方、バニラ姫のいなくなった「アイスの国」では、ばいきんまんが大暴れ! 果たして、アンパンマンたちは「アイスの国」をばいきんまんから守ることができるのでしょうか!? そして、バニラ姫は“大切なこと”に気づき、アイスを作ることができるようになるのでしょうか!? みんなが「とびっきりの笑顔」になる大冒険が今始まります!!

 

映画の来場者特典として、小学生以下の子どもには「元気100倍! マラカス」を先着でプレゼント。夏にぴったりの涼しげな同作で、楽しい思い出を増やしてみてはいかが?

 

■「それいけ! アンパンマン きらめけ! アイスの国のバニラ姫」
公開日:2019年6月28日(金)
原作:やなせたかし(フレーベル館刊)
スタッフ:監督 矢野博之、脚本 米村正二
キャスト:アンパンマン 戸田恵子、ばいきんまん 中尾隆聖
ゲスト出演:榮倉奈々、ANZEN漫才(みやぞん・あらぽん) ほか
音楽:いずみたく、近藤浩章
推薦:全日本私立幼稚園連合会、社会福祉法人 日本保育協会
「それいけ! アンパンマン きらめけ! アイスの国のバニラ姫」公式サイト