悟空が姑息? ベジータがついに悟空を超える? アニメ「ドラゴンボール超」ネットを騒がせた第123話の名言トップ3!

 

1月14日にアニメ「ドラゴンボール超」第123話「全身全霊全力解放! 悟空とベジータ!!」が放送された。今週も放送中はネット上で大反響が起こっていたので、特にネットを賑わせた台詞を、今週の“名言トップ3”として紹介。
 

3位 孫悟空
「へへへ、気円斬六枚刃だ」

 

ジレンと戦う悟空は、真っ向勝負の戦いを避け、地雷攻撃や気円斬などクセのある戦法をとった。気円斬を6枚放ってジレンの足場を崩したのだが、この技を悟空は“気円斬六枚刃”と命名。意外な悟空の新技にネット上では「珍しく気円斬を使う悟空が見れて嬉しい」「まさか悟空がこんな姑息な技を使うとは」など様々な反響が起こった。

 

2位 フリーザ
「不愉快です。あなたは」

 

第11宇宙のプライド・トルーパーズの一員であるディスポと交戦中のフリーザ。ディスポは連続攻撃をフリーザに浴びせて吹き飛ばして高笑いを浮かべる。しかしフリーザは無傷で立ち上がり、「なぜだ!?」と驚くディスポに対して「私の方こそ聞きたいですね。あの程度の攻撃でなぜこの私を仕留められると思ったのか」と言い放った。続けて上記の言葉を口にして反撃をしていったが、強敵相手にも余裕なフリーザにネット上では「フリーザ様の圧倒的信頼感」「仲間のフリーザ心強すぎる」といった声が。

 

1位 ベジータ
「俺のやり方で限界なんぞ超えてやる!」

 

圧倒的な強さのジレンを前に、ベジータはスーパーサイヤ人ブルーを超えた新たな形態に変身。「スーパーサイヤ人ブルー+界王拳」「身勝手の極意」といった変身をする悟空の後を追わず、ベジータがした独自の進化にはファンから歓喜の声が多数あがることに。「今まで悟空の後追いばっかだったから、ここに来てベジータ独自のパワーアップはアツい」「カカロットの後を追ってばかりだったベジータが独自の進化を遂げるとは」といった反響が起こった。