美麗グラフィックアクションRPG『ドラゴンボールZ KAKAROT』登場! PV第1弾の再現度にファン大興奮

 

6月10日に行われたゲーム展示会「E3」で、バンダイナムコエンターテインメントが新作家庭用ゲーム『ドラゴンボールZ KAKAROT』を発表。同時に公開されたPVを見たファンの間で、そのクオリティの高さが話題を呼んでいる。

 

同作は『ドラゴンボール』を原作とした、アクションRPG。最新世代の家庭用ゲーム機のパワーをふんだんに使ったゲーム画面は、アニメの画面をそのまま動かしているようになめらかに動く。PVでは大地を割る迫力のシーンと、3D空間を自在に飛び回る戦闘シーンを紹介。名場面を再現したムービーにはゲームならではの演出があり、PVの冒頭では原作者である鳥山明さんが「本作はドラゴンボールの世界観がすべて詰まっていて、ドップリとワールドに浸ることができるはずです」と太鼓判を押していた。

 

PVを視聴した人は「ドラゴンボールでアクションRPGとか…。もうドキドキしてきた」「買うっきゃないな!! オラ、ワクワクしてきたぞ!」「ガチで楽しみすぎる。鳥山先生が太鼓判ってことは原作に忠実になると思うし」「鳥肌が立つくらい完成度高いな。早くやりたい」など、2020年の発売まで待ちきれない様子。

 

また今年4月に公開されていたティザーPVでは、亀仙人の住まいやカプセルコーポレーションの付近を歩く様子も公開されている。従来のドラゴンボールゲームでは語られなかったシーンも再現されているという同作。広大なドラゴンボールの世界を、思う存分に飛び回ってみたいものだ。