出演してないのになぜか話題に!? ザキヤマ“パン”が登場した『クレヨンしんちゃん』

 

今や悪ノリ芸人として確固たる立場を築いている、ザキヤマことアンタッチャブル・山崎弘也さん。先日『クレヨンしんちゃん』(テレビ朝日系)に出演していないにも関わらず、放送中になぜか話題になってしまった。

 

激安商品を買うべく、隣のおばさんと共に工場直売所へ向かったみさえ。様々な工場をめぐる中で、“ザキヤマパン”なるパンメーカーが登場した。「ヤマザキパン(山崎製パン)」をもじったものに違いないが、一部の視聴者からは“ザキヤマ”の4文字に「アンタッチャブルのザキヤマでは?」「あのゴリラしか思い浮かばない…」と反応が。中には何の変哲もないおじさんが描かれた“ザキヤマパン”のロゴを見て、「ザキヤマに似てる!」という人すら現れている。

 

以前放送された回では、本当に山崎さんがゲスト出演していた。チャームポイントのケツ顎を発揮し、しんのすけと共にお尻ブリブリを披露。またあまりのそっくりさ加減と、園児姿のミスマッチぶりに「こんな園児は嫌だ…」「気持ち悪いけど少し可愛いかも?」と困惑の声が相次いだ。それもそのはずでクレしんに出演している芸能人は、特徴を捉えたキャラデザインに定評がある。例えば“キレてないっすよ”でおなじみの長州小力さんは、映画に本人役で出演。他にも映画ではとにかく明るい安村さんや波田陽区さん、日本エレキテル連合がそれぞれ本人役を熱演していた。

 

ちなみにクレしんファンの中では、ある不穏なうわさがささやかれている。「クレしん映画に本人役で出た芸人は、その年にブームが終わる」というものだが、山崎さんは未だ地上波のみの出演なので安心だろう。