映画『居眠り磐音』の柄本明さんが「目立ちすぎ!」と話題

 

現在公開中の時代劇エンターテインメント映画『居眠り磐音』。悪役を演じる柄本明さんの演技が「目立ちすぎ!」と話題になっている。

 

同作の舞台は江戸時代。松坂桃李さん演じる坂崎磐音は悲しい事件で幼馴染を失い、許嫁の奈緒を残して故郷・豊後関前藩を脱藩した。行きついた江戸で長屋暮らしを始め、うなぎ屋や両替屋「今津屋」の用心棒として働くように。優しい人柄もあって周囲の人から信頼を得ていくが、あるとき新貨幣をめぐる陰謀に巻き込まれてしまう。果たして磐音はどのように悪へ立ち向かっていくのだろうか…。

 

柄本明さんが演じているのは、「今津屋」を敵視する「阿波屋」の主人。実は公開以前から、悪役然としたビジュアルに「インパクトが強い」と話題になっていた。さらに公開後も「期待通り」といった声が相次ぎ、「柄本さんが少しでも画面に映ると、一瞬で目を奪われる…」「1人だけすさまじい演技で、観客を圧倒してましたよ!」「悪役としてやりたい放題な柄本明が新鮮」など絶大な存在感を放っているよう。

 

眠狂四郎、座頭市などに続く新たな時代劇ヒーロー『居眠り磐音』。柄本明さんの演技以外も好評なので、ぜひ磐音の進む剣の道に刮目してほしい。