Twitterで話題を集めた「レンタルなんもしない人」書籍化! 不思議なサービスを始めたきっかけから見えてくる新しい生き方

 

Twitterで話題を集めた「レンタルなんもしない人」の考えが初めて明かされる書籍『<レンタルなんもしない人>というサービスをはじめます。スペックゼロでお金と仕事と人間関係をめぐって考えたこと』が、2019年5月21日(火)に発売されました。

 

2018年6月に「レンタルなんもしない人」を名乗るTwitterアカウントが、「『レンタルなんもしない人』というサービスを始めます。1人で入りにくい店、ゲームの人数あわせ、花見の場所とりなど、ただ1人分の存在だけが必要なシーンでご利用ください。ごく簡単なうけこたえ以外なんもできかねます」という変わったツイートを発信。「なんでも屋」かと思いきや、そうでもないようです。

 

 

サービスの内容は、その場所に行くだけで「なんもしない」こと。レンタル料も交通費と(かかれば)飲食代だけで、特別に高いお金はかかりません。それでも舞い込む依頼は「自分が被告の裁判の、傍聴席に座ってほしい」、「誰にも言えない話を聞いてほしい」、「私のお見舞いに来てくれませんか?」など実にユニークかつ切実でした。「いてもいなくても変わらない」はずなのに、「なんもしない人」を求める声は大きくなるばかり。多彩な依頼内容と業務の報告ツイートが一躍話題となり、10カ月で10万人ものフォロワーを集めました。

 

 

同書ではふしぎな「なんもしない」サービスを始め、実行し続けている著者の考えが初めて明かされます。収入も地位もない著者が始めた活動のきっかけや普段の様子を、写真も交えて紹介。ここで、著者である「レンタルなんもしない人」からのメッセージをご紹介しましょう。

 

 

めちゃくちゃ面白い。めちゃくちゃ面白く感じるのは当人だからか? 自分が読んでも面白いので、レンタル中にちょっとうっとうしいかもしれないくらい強くおすすめしてます。本を作る過程においてなんかさせられそうな感じはあったけど、最終的にはなんとか逃げられてほぼなんもせずに済んで良かった。-レンタルなんもしない人

 

誰もが「なにかしすぎる」時代だからこそ、もっと自由に生きていいのかもしれません。これからの生き方を考えるための、新鮮な1冊です。

 

■『<レンタルなんもしない人>というサービスをはじめます。スペックゼロでお金と仕事と人間関係をめぐって考えたこと』
著:レンタルなんもしない人
予価:1,500円(税別)
発売日:2019年5月21日(火)
著者Twitterアカウント