「“苛烈”な戦い」は正しく読める? 間違える人が多い漢字の読み方

 

普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の使い方を解説していきます。

 

・苛烈

 

SNS上で「苛烈」を検索すると、「『苛烈』って何て読むんだろう」「こんな漢字見たことがない。誰か教えてください!」「“シレツ”と読んだけど違うのかな…」「そもそも『苛烈』はいつ使う言葉なの?」といった困惑している声が。

 

「苛烈」は「カレツ」と読むのが正解。「デジタル大辞泉」によると、「厳しく激しいこと。また、そのさま」と表現します。「ちょっとした失言から“苛烈”な言い合いが始まった」などの使い方をする言葉なので、しっかり覚えておきましょう。

 

「苛烈」の正しい読み方を知った人からは、「『苛烈』は“カレツ”と読むのか」「たまに本に出てくるけど漢字の読み方を知らなかった」「考えてみれば“苛烈な戦い”とかで使われているよね」という声が。「シレツ」と読み間違える人もいたので、似ている言葉に惑わされないよう注意してくださいね。