「柔軟な発想」「立って食べるの?」IKEAのフードコート混雑対策に賛否両論! 30分以内の離席でソフトクリームを1つサービス

 

1月7日、とあるTwitterユーザーが家具量販店IKEAで実施されているサービスを紹介したところ、ネット上でツイートが大拡散して賛否両論が飛び交っている。

 

ツイートによると、大混雑しているIKEA立川店のフードコートでは、30分以内に他の客に席を譲った人にソフトクリーム引き換え券を渡しているらしい。購入時刻が印字されたレストランのレシート1枚に付き、クーポン1枚と交換しているとのこと。

 

ツイート主は「あやふやなモラルに訴えるわけでなく、時間超過にペナルティーを与えるわけでもなく。ポジティブな問題解決につなげている」とIKEAを絶賛し、ネット上でも「素晴らしい対策。誰も損をしない優しい世界。こういう小さな投資で大きな利益が広まれば良いのに」「他のフードコートでも是非も取り入れてほしい柔軟な発想」「これ思いついた人、採用した人、アッパレ」「売り手良し買い手良し世間良しの素晴らしいソーシャルハック」といった好意的な意見があがっている。

 

一方で疑問を投げかける人も一定数存在し、「アイスは立って食べるんですかね?」「歩きながら食べる事になりかねないし、それに起因するトラブルとか考えなかったのかな?」「『早く出てけっていうのか!』とか言うクレーム来て廃止になりそう」といった意見も噴出。

 

またこのツイートによって「IKEAのフードコートってそんなに魅力的なの?」といった別角度からの声も寄せられた。まだ知らない人のために少し紹介すると、IKEAのフードコートはとにかく激安。ホットドッグが1つ80円、シナモンロールが1つ90円、ドリンクバーが70円、カレーが時間や期間限定で99円といったラインナップになっている。

 

ちなみに今回無料で配布しているソフトクリームは50円。ホットドッグと並ぶ人気商品だが、その安さゆえに「たった50円とか。そんなもん貰うならゆっくり座ってるわ」「ゆっくりしたい人はゆっくりすればいいし、さくっと済ませたい人はソフトクリームも食べられてラッキーって感じる」などの意見も。果たしてこのサービスはどの程度の成果を発揮しているのだろうか。