恐竜の世界を4コマ漫画で解説! 謎に満ちた生態が明らかになる『ゆるゆる恐竜図鑑』

 

恐竜の生態を4コマ漫画で楽しめる『ゆるゆる恐竜図鑑』が、2019年4月24日(水)に発売されました。

 

強力なパワーで獲物に襲いかかるティラノサウルス、3本角と大きなフリルで身を守るトリケラトプス、大きさはなんと30m以上のスーパーサウルス…。子どもたちの永遠のあこがれ「恐竜」が、4コマ漫画で分かりやすく掲載されています。

 

恐竜の生きていた中生代を舞台に、恐竜たちの生態をオールカラーで解説。長年にわたり図鑑を編集している「学研」だからこそできる充実した内容で、子どもから大人まで楽しめる1冊です。

 

ティラノサウルスやトリケラトプスのような有名恐竜だけではなく、マニアックな種類の恐竜もしっかり掲載。大きな図鑑ではあまり取り上げられない隠れた恐竜も説明されているので、ロマンが溢れる新しい発見を探してみましょう。

 

「日本に恐竜はいたの?」「恐竜はなんで絶滅した?」などの疑問に答えるコラムも充実。漫画とイラストを交えながら詳しく解説されています。コラムまでしっかり読めば恐竜だけでなく、太古の地球に関する知識も身についてしまうかもしれません。

 

60種類以上の恐竜が掲載されている同書籍を読んで、謎に満ちた生態を解き明かしてみてはいかがでしょうか?

 

■『ゆるゆる恐竜図鑑』
監修:ミュージアムパーク茨城県自然博物館学芸員 加藤太一
漫画:かげ
定価:980円+税
発売日:2019年4月24日(水)
発行所:学研プラス