のび太のクズ発言から、ママの金言まで! アニメ「ドラえもん」、1月7日放送の名言トップ3が心に染みる

 

1月7日にアニメ「ドラえもん」が放送された。大人も楽しめる同作には、思わず心を揺さぶられたり、笑いのツボを刺激されたりする言葉が満載。そこで今放送回の“名言トップ3”を紹介していこう!

 

3位 のび太&ドラえもん
「まったく、しずかちゃんは優しすぎるよ」
「本当、神さまみたいだね」

 

「神さまロボットに愛の手を!」というストーリーがこのセリフで締めくくられた。神さまロボットに無理にお願いを叶えて貰おうとして痛い目にあったジャイアンとスネ夫を救うべく、しずかちゃんは自分が獲得したお願いの権利を2人のために使用。どんな神さまの技よりも、しずかちゃんの優しさが人を救うのかもしれない。

 

2位 のび太
「お説教なんか聞きたくない。お小遣いだけが欲しい~!」

 

お金が欲しいけど、親の肩たたきなどをして地道にお金を稼ごうという気が全くないのび太。ドラえもんにせびったところ、「お金が空中から湧いて出てきたら誰も苦労しないんだから」と正論で返されたときに上記の言葉を口にした。これにはネット上で「さすがにクズすぎて笑った」「ニート待ったなし」といった反応が。

 

1位 玉子(のび太のママ)
「安くてお得なものを見つけるのが楽しいんだから」

 

ひみつ道具『円ピツ』によって無限にお金を作り出せる状態になったのび太は、スーパーで買物をしている玉子に高級なお肉を買うようにせがむ。しかし玉子は「そんな贅沢できません」とのび太の言葉を受け流し、「もしもお金が好きなだけ使えても?」と言われても「そうよ」と即答して上記の言葉を発した。この言葉には「主婦の鑑」「良いこと言うな~」「ママの言う事が大人になってわかった」と絶賛の声が続出。