「誰が得するんだよ…」 のび太がセクシーすぎる『ドラえもん』にツッコミ続出

 

2019年5月10日(金)のアニメ『ドラえもん』(テレビ朝日系)では、「のび太のおいしい食べ方」というエピソードを放送。異色の展開にネット上では「のび太がセクシーすぎる…」と困惑の声が相次いでいた。

 

今回ドラえもんが取り出したのは「イイナリキャップ」。「相手に受信キャップをかぶせ、自分が送信キャップをかぶって命令すると絶対に逆らえない」というひみつ道具だ。ジャイアンに捨てられたペット「ムク」に使用後、「もっとすごい動物に使いたい」と調子に乗ったのび太。一度はライオンを命令下に置いたが、思いがけず立場が逆転してしまう。

 

命令を受けたのび太がハムやウインナーを渡すも、ライオンは「これっぽっちじゃかえって腹が減る」と不満を漏らした。そこでライオンはのび太にシャワーを浴びてくるよう指示。続けて半裸ののび太に対して、全身に塩やバターを塗りこむよう命じる。

 

ネット上では料理されたのび太に対して、「久々にドラえもん見たら下ネタだったw」「半裸にバターってどんな状況!?」「体中のツヤにこだわりを感じる」「のび太のセクシー描写って、誰が得するんだよ…」といったツッコミが続出している。

 

その後自分の体につける調味料を調達するため、町へ出たのび太。しかし通りがかったジャイアンにイイナリキャップを奪われてしまう。頭にかぶるとジャイアンの体は勝手にのび太の家に向かい、玄関でライオンと鉢合わせ。「お前のほうがうまそうだ」と襲われたジャイアンを助けに来たのは、なんと捨てたはずのムクだった。

 

ジャイアンとムクの絆は言うまでもなく、のび太の意外なセクシーさが発覚した今回の『ドラえもん』。今後もツッコミどころ満載のエピソードに期待したい。