『まくらからくま』を下から読むと… 全ての文が“回文”の絵本が登場!

 

2019年4月18日(木)に、回文家・コジヤジコさんのデビュー絵本『まくらからくま』が発売されました。

 

全ての文章が「回文」だけで構成された、前代未聞の同書。お話は女の子のもとに突然、「枕を抱えたくま」がやってきたことから始まります。ちなみに同書で1番長い文章は、「まくら だいたまま またいだら くま」。思わず文章のおしりからひらがなをたどりたくなるはず。ここで、女の子とくまの不思議なストーリーを見ていきましょう。

 

<ストーリー>

まくら たったら くま。
まくら かむから くま。
まくら たべたら くま…?
ある夜 まくらから くまが あらわれた
おんなのこと くまの ゆめのような おはなし

 

文章のコジヤジコさんは、ネット上で毎日のように回文を発表する「回文界の新星」。『まくらからくま』はコジヤジコさんのデビュー作です。絵は文芸装画などで活躍中の伊藤彰剛さんが担当しています。

 

女の子とくまとの交流がほほえましく、ページを追うごとに優しい気持ちになる同書。シュールな言葉から生まれる、日本語の面白さと豊かさを味わってみてはいかが?

■『まくらからくま』
作:コジヤジコ
絵:伊藤彰剛
価格:1,200円+税
発売日:2019年4月18日(木)
出版社:岩崎書店